コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥勤め オクヅトメ

デジタル大辞泉の解説

おく‐づとめ【奥勤め】

江戸時代、将軍家大名家などの奥向きに勤めること。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おくづとめ【奥勤め】

江戸時代、江戸城大奥や大名などの屋敷または商家で、奥向きに勤めること。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥勤め
おくづとめ

武家の邸宅は「表」と、家族が居住する「奥」に分かれていたが、そこに奉公し、奥方にじかに仕えるのを奥勤めといった。江戸城大奥で奥勤めというと、御台所(みだいどころ)にお目通りできるお目見(めみえ)以上で、職制上御次(おつぎ)以上の者をさし、炊事、風呂(ふろ)たきなどの下働きは含まれない。以上は徳川時代のことばとしてだが、また商家などで店に勤める表勤めに対し、奥で奉公する使用人をさす。[稲垣史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

奥勤めの関連キーワードお梅の方(1)お夏の方(1)お梅の方(2)加賀見山旧錦絵お里佐の方お牟須の方江戸時代中野碩翁只野真葛稲垣史生お仙の方金蝶饅頭奥家老奥小姓奥目付御側商家

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android