コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥勤め オクヅトメ

3件 の用語解説(奥勤めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おく‐づとめ【奥勤め】

江戸時代、将軍家や大名家などの奥向きに勤めること。また、その人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥勤め
おくづとめ

武家の邸宅は「表」と、家族が居住する「奥」に分かれていたが、そこに奉公し、奥方にじかに仕えるのを奥勤めといった。江戸城大奥で奥勤めというと、御台所(みだいどころ)にお目通りできるお目見(めみえ)以上で、職制上御次(おつぎ)以上の者をさし、炊事、風呂(ふろ)たきなどの下働きは含まれない。以上は徳川時代のことばとしてだが、また商家などで店に勤める表勤めに対し、奥で奉公する使用人をさす。[稲垣史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥勤めの関連情報