コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下働き シタバタラキ

デジタル大辞泉の解説

した‐ばたらき【下働き】

人の下について働くこと。また、その人。下回り。「写真家の下働きで技術を学ぶ」
炊事・掃除など、こまごました雑用をすること。また、その人。下回り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したばたらき【下働き】

他人の下で働くこと。目立たない雑務などをすること。また、その人。下回り。
炊事・掃除などの雑事をすること。また、その人。下回り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下働きの関連キーワードアマンシオ オルテガ・ガオナフランシス コッポラマーティン シーン岡っ引き・岡っ引傷だらけの天使杜氏(とうじ)ゴールドスミス胥吏[朝鮮]継子いじめ譚味噌擂り坊主石原 仁太郎オードゥーディケンズ下男・下女木村 さく熊本(県)国吉康雄婿いじめディドロ悪者小説

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下働きの関連情報