下働き(読み)シタバタラキ

デジタル大辞泉の解説

した‐ばたらき【下働き】

人の下について働くこと。また、その人。下回り。「写真家の下働きで技術を学ぶ」
炊事・掃除など、こまごました雑用をすること。また、その人。下回り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したばたらき【下働き】

他人の下で働くこと。目立たない雑務などをすること。また、その人。下回り。
炊事・掃除などの雑事をすること。また、その人。下回り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下働きの関連情報