コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥宮正明 おくのみや まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥宮正明 おくのみや-まさあき

1648-1726 江戸時代前期-中期の武士,歴史家。
慶安元年生まれ。土佐高知藩士。検見(けみ)役や代官をつとめる。藩の儒者谷秦山(じんざん)に師事。歴史考証にすぐれた。史料集「土佐国蠧簡(とかん)集」や「長宗我部(ちょうそかべ)地検帳」を整理した「秦士録」などをまとめた。享保(きょうほう)11年3月24日死去。79歳。通称は藤九郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の奥宮正明の言及

【土佐国蠧簡集】より

…土佐国内に伝存した古文書の集成。編者は土佐藩士奥宮正明(?‐1726)。1151年(仁平1)に始まり,長宗我部氏と山内氏の交替期の1600‐03年(慶長5‐8)をもって終わる。…

※「奥宮正明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥宮正明の関連キーワード土佐国蠧簡集歴史家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android