コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥寺康彦 おくでらやすひこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥寺康彦
おくでらやすひこ

[生]1952.3.12. 秋田
日本サッカー界初のプロ選手。日本リーグの古河電工時代にフォワードとして日本代表で活躍。 1977年に西ドイツの名門クラブ,1.FCケルンに引き抜かれ,リーグ,カップの2冠獲得に貢献した。その後ヘルタ・ベルリンを経てベルダー・ブレーメンに移籍しリーグ準優勝3度。 1986年に古河と日本代表に復帰した。引退後,日本プロサッカーリーグ (Jリーグ) のジェフユナイテッド市原監督,横浜 FC代表などを歴任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥寺康彦 おくでら-やすひこ

1952- 昭和後期-平成時代のプロサッカー選手,指導者。
昭和27年3月12日生まれ。古河電工に入社し,昭和45年日本代表入り。52年西ドイツの1FCケルンにまねかれ,日本初のプロ選手となる(1部リーグで通算235試合出場)。61年帰国し,古河電工と国内初のプロ契約。63年引退。平成8年ジェフ市原の監督。11年横浜FCゼネラルマネージャー,14年社長。秋田県出身。相模工大付属高卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

奥寺 康彦


芸名
奥寺 康彦

性別
男性

生年月日
1952/03/12

星座
うお座

干支
辰年

出身地
秋田県

ブログタイトル
日本初ブンデスリーガー奥寺康彦オフィシャルブログ

ブログURL
http://www.diamondblog.jp/yasuhiko_okudera/

職種
スポーツ

資格・免許
財団法人日本サッカー協会公認S級コーチライセンス

プロフィール
1970年代当時、世界最高峰のリーグと言われたドイツのブンデスリーガで、9年間レギュラー出場。ヨーロッパサッカー連盟主催の国際大会にはアジア人最高となる6回出場。1978-79シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現・UEFAチャンピオンズリーグ)ではアジア人として大会史上初となるゴールを記録するなど、多くの記録を持つ。帰国後は日本国内初のスペシャルライセンスプレイヤーを結び注目を集め、1987-88シーズンを最後に引退。引退後はJリーグ参戦のためクラブ化された古巣の「東日本JR古河サッカークラブ」(旧古河電工)のゼネラルマネージャー、96年には監督に就任。その後は横浜FCの代表取締役会長兼ゼネラルマネージャーを務める。テレビ、新聞、雑誌などでヨーロッパサッカーの解説も行い、日本サッカーにとどまらず、ヨーロッパサッカーもサッカーファンに伝える活動をしている。

代表作品
WOWOW『リーガ・エスパニョーラ』 / WOWOW『EURO2004』 / 著書『中高生のためのサッカー上達セミナー』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

奥寺康彦の関連キーワードトーマス クロート稲本潤一中村俊輔

奥寺康彦の関連情報