コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田亀造 おくだ かめぞう

1件 の用語解説(奥田亀造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田亀造 おくだ-かめぞう

1872-1944 明治-昭和時代前期の漁業家。
明治5年3月8日生まれ。生家は鳥取県大谷村(岩美町)の網元。明治38年汽船トロール漁業をこころみ,のち小型底引き網漁を考案。また朝鮮半島沿岸の漁場を開拓して角輪(かくわ)組を設立した。大正6年衆議院議員(政友会)。14年貴族院議員。昭和19年3月24日死去。73歳。鳥取中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奥田亀造の関連キーワード荒木十畝石原喜久太郎佐伯芳馬竹内類治築田多吉鳥居清種(2代)中桐確太郎中村寛澄二条正麿林仙之

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone