岩美町(読み)いわみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩美〔町〕
いわみ

鳥取県北東端,日本海にのぞむ町。山地が海岸に迫り,平野は蒲生川流域に分布。 1954年岩井,浦富の2町と東,田後網代,大岩,本庄,小田,蒲生の7村が合体して発足。中心集落の浦富は旧城下町で,網代,田後の両港は県東部の主要漁港。奇岩と海岸美で知られる浦富海岸 (名勝・天然記念物) は山陰海岸国立公園に属し,岩井廃寺塔跡 (史跡) ,岩井温泉,河合谷高原のスキー・キャンプ場など観光資源が多い。唐川のカキツバタ群落は天然記念物。河合谷高原は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。重要無形民俗文化財の菖蒲綱引き行事を伝える。海岸部を JR山陰本線,国道 178号線が通じ,町域中央を9号線が縦断する。面積 122.32km2。人口 1万1485(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩美町の関連情報