コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田尚斎(読み)おくだ しょうさい

美術人名辞典の解説

奥田尚斎

江戸中・後期の漢学者。播州姫路生。那波草庵の子、兄は漢学者那波魯堂。名は元継、字は志季、別号松斎・拙古・仙楼。兄魯堂と共に京都で岡白駒に学び、のち大坂で教授した。主な著に『春秋左氏伝評林』等。文化4年(1807)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田尚斎 おくだ-しょうさい

1729-1807 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)14年生まれ。兄那波魯堂(なわ-ろどう)とともに京都で岡白駒にまなび,のち大坂に家塾をひらいた。「春秋」を研究,「春秋左氏伝」に通じた。文化4年8月12日死去。79歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は那波。名は元継。字(あざな)は志季。別号に拙古,仙楼。著作に「春秋左氏伝評林」「拙古先生筆記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android