コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田尚斎 おくだ しょうさい

2件 の用語解説(奥田尚斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

奥田尚斎

江戸中・後期の漢学者。播州姫路生。那波草庵の子、兄は漢学者那波魯堂。名は元継、字は志季、別号に松斎・拙古・仙楼。兄魯堂と共に京都で岡白駒に学び、のち大坂で教授した。主な著に『春秋左氏伝評林』等。文化4年(1807)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田尚斎 おくだ-しょうさい

1729-1807 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)14年生まれ。兄那波魯堂(なわ-ろどう)とともに京都で岡白駒にまなび,のち大坂に家塾をひらいた。「春秋」を研究,「春秋左氏伝」に通じた。文化4年8月12日死去。79歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は那波。名は元継。字(あざな)は志季。別号に拙古,仙楼。著作に「春秋左氏伝評林」「拙古先生筆記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奥田尚斎の関連キーワード羅城菅尚卜秋保新左衛門秋保盛弁荒木呉江河内武信交寛美後藤源左衛門三鍼樗雲

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone