コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳沢あやめ ヨシザワアヤメ

5件 の用語解説(芳沢あやめの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よしざわ‐あやめ〔よしざは‐〕【芳沢あやめ】

[1673~1729]歌舞伎俳優。初世。紀伊の人。元禄期(1688~1704)の上方を代表する名女方。芸談に「あやめ草」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芳沢あやめ【よしざわあやめ】

歌舞伎俳優。上方(かみがた)の女方として5世まで続いたが,初世が最も有名。初世〔1673-1729〕は初め若衆方から立役(たちやく)を勤め,のち女方となり,ことに傾城(けいせい)役を得意とし,元禄期の三都(江戸・大坂・京都)を通じ随一と賞された。
→関連項目役者論語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よしざわあやめ【芳沢あやめ】

歌舞伎役者。(1)初世(1673‐1729∥延宝1‐享保14) 前名吉沢あやめ。元禄(1688‐1704)初年には若女方で出演の記録が見え,以後京,大坂の舞台でしだいに認められ,1698年(元禄11)《傾城浅間嶽(けいせいあさまがたけ)》の傾城三浦の好演で,この年若女方上上吉に進む。上方の女方四天王の一人と称され,1711年(正徳1)歌舞伎役者として初めて極上上吉の位を与えられた。13年冬から1年間江戸に出演,このときの《女楠天下太平記(おんなくすのきてんがたいへいき)》の芸は《浅間嶽》とともに終生の当り芸となり,翌年極上上吉無類,それより三ヶ津惣芸頭(さんがのつそうげいがしら),三国無双,日本第一,三ヶ津極無類(さんがのつごくむるい)など空前の位を与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしざわあやめ【芳沢あやめ】

(初世)(1673~1729) 歌舞伎役者。屋号、橘屋。元禄期(1688~1704)京坂を代表する女形。写実的演技によって女形芸の大成者といわれた。芸談集「あやめ草」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芳沢あやめ
よしざわあやめ
(1673―1729)

歌舞伎(かぶき)俳優。初世。代々若女方(わかおんながた)で文化(ぶんか)年間(1804~18)の5世まであるが、初世がとくに有名。初世坂田藤十郎と並び称される、元禄(げんろく)年間(1688~1704)の上方(かみがた)歌舞伎の代表的名優で、女方芸の確立者として演劇史に名を残した。1698年(元禄11)初世中村七三郎の巴之丞(ともえのじょう)役で初演した『傾城浅間嶽(けいせいあさまがだけ)』の三浦の役は一代の当り役だった。彼の芸談を集めた『あやめ草』(『役者論語(やくしゃばなし)』収載)は、単に芸談というだけでなく、若女方の修業や日常生活における心得などを説いているのが興味深く、かつ貴重である。冒頭の「女形は傾城さへよくすれば、外(ほか)の事は皆いたしやすし。……男の身にて傾城のあどめもなく、ぼんじやりとしたる事は、よくよくの心がけなくてはならず。……」の一文は、女方芸術についてしばしば引用される著名なものである。なお、2世(1704―54)は初世の長男が、3世(1720―74)は同じく四男が継いでいる。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芳沢あやめの言及

【女方(女形)】より

…1629年(寛永6)に徳川幕府が歌舞伎に女優が出演することを禁じたため,能以来の伝統によって男性が女の役をつとめ,現在に至る。女方の演劇的基礎は初期の芳沢あやめ,瀬川菊之丞によって作られた。2人とも日常生活を女性のように暮らし,これが幕末まで女方の習慣となった。…

【歌舞伎】より

…一般的にいって,元禄歌舞伎では写実的な芸が重んじられた。その趨勢の中で,芳沢あやめらによる女方芸の完成が果たされたのである。敵役(かたきやく)や道外方(どうけがた)の芸が確立し,重んじられたのも注目すべきことである。…

【千両役者】より

…江戸時代,それぞれの役者は11月から翌年10月までの1年間契約で劇場の専属となったが,その給金が1000両の高額に達した者を千両役者という。その最初は正徳・享保期(1711‐36)の初世芳沢あやめや2世市川団十郎といわれる。その後それ以上の高給の役者も出たが,一般には金額にかかわらず,最も格式の高い役者,最高の人気役者,技芸抜群の役者,またそれらを総合したすぐれた役者をいう。…

※「芳沢あやめ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芳沢あやめの関連キーワード歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎者歌舞伎役者河原乞食古今節役者子供杉伝十郎段助中村勘之丞

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone