コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥蓼科温泉郷 おくたてしなおんせんきょう

2件 の用語解説(奥蓼科温泉郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥蓼科温泉郷
おくたてしなおんせんきょう

長野県中部,八ヶ岳北西麓,渋川の清流に沿う温泉群。茅野市に属する。横谷,明治,渋川,渋,渋ノ湯,唐沢の諸温泉がある。いずれも静かな湯治場で,八ヶ岳登山の拠点にもなっている。付近は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥蓼科温泉郷
おくたてしなおんせんきょう

長野県中東部、北八ヶ岳(やつがたけ)連峰の西側山腹中にある温泉群の総称。渋(しぶ)川の渓谷沿いに点在する素朴な山の湯。蓼科湖を中心にした蓼科温泉郷に対する呼び名で、横谷(よこや)、明治、渋川、渋、渋ノ湯の各温泉がある。標高1600~1900メートルの高所に分布し、新緑、紅葉のころがよい。北八ヶ岳登山の行き帰りに利用する人も多い。JR中央本線茅野(ちの)駅からバス1時間。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥蓼科温泉郷の言及

【蓼科山】より

…降水や湧水が豊富なため,農業用水源となって北佐久・諏訪両地方の水田をうるおしている。蓼科山の南西麓,標高1200~1800mの緩斜面を蓼科高原といい,滝ノ湯,小斉(こさい),親湯(しんゆ)などの蓼科温泉郷や,その南の渋川に沿った奥蓼科温泉郷,ともに農業用の人造湖である蓼科湖と白樺湖などを中心とした一大観光地となっている。高原の観光開発が急速に進んだのは,1960年に蓼科温泉郷の土地が地元の湯川財産区から民間に買収されてからで,63年の蓼科有料道路(現,霧ヶ峰蓼科ビーナスラインの一部)の開通もこの傾向に拍車をかけた。…

※「奥蓼科温泉郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥蓼科温泉郷の関連キーワード蓼科高原富士見富士見高原八ヶ岳・八ヶ嶽富士見[町]長野県茅野市豊平長野県中野市中野長野県諏訪郡原村長野県諏訪郡原村原山長野県南佐久郡南牧村

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥蓼科温泉郷の関連情報