女の正月(読み)おんなのしょうがつ

世界大百科事典 第2版の解説

元日を中心とする大正月が〈男の正月〉〈男の年取り〉とよばれるのに対して,1月15日を中心とする小正月を〈花正月〉や〈の正月〉のほか,〈女の正月〉〈女の年取り〉とよぶ所がある。女の正月とよばれる日や期間は地方によって異なる。たとえば長野県の安曇地方では,14日のを女の年取りといい,夕飯は男が作ることになっていた。新潟県の朝日村では,16日を〈女の年始〉といい,女が寺や親戚に年始に行ったという。また秋田県鹿角郡では,1月16日以降の半月を女子正月といい,女の休み日にしていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android