コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晴(れ)着 ハレギ

デジタル大辞泉の解説

はれ‐ぎ【晴(れ)着】

表立った場面で着る晴れやかな衣服。晴れ衣装。よそゆき。「晴れ着姿」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はれぎ【晴着】

今では外出着の意味に用いるが,本来はハレの日に着る着物で,礼装式服,正装,盛装,忌衣などの意味に用いる。祭日や冠婚葬祭,誕生から成人式までのたびたびの祝日や年祝の日は,ふだんとは違うハレの日で,その日に着る着物が晴着である。ハレの日に対して普通の日をケ(褻)といったが,この語は早くすたれて,日常の着物は常着,ふだん着,野良着などと呼んでいる。地方によっては,節日に着る着物という意味で,晴着を〈せつご〉(東北地方),〈盆ご〉〈正月ご〉〈祭ご〉(和歌山,兵庫,岡山香川),また生児の〈宮まいりご〉(岡山),娘の〈かねつけご〉(岐阜),嫁入りの〈よめりご〉(岡山),年祝の〈やくご〉〈祝いご〉(香川,鳥取,岡山)ともいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

晴(れ)着の関連キーワード小袖曽我薊色縫チャッキラコハレ(民俗)和重喜ながしガラーラーちらほらぽっくり比金襖小町踊アツシ壁訴訟キトン民具袋帯産着

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android