コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子学習院 ジョシガクシュウイン

デジタル大辞泉の解説

じょし‐がくしゅういん〔ヂヨシガクシフヰン〕【女子学習院】

皇族・華族の女子の教育を目的として設置されていた宮内省所管の学校。明治18年(1885)華族女学校として設立、同39年学習院合併大正7年(1918)女子学習院として独立。第二次大戦後、学習院に統合され、私立学校となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょしがくしゅういん【女子学習院】

皇族・華族の女子の教育機関。1885年(明治18)宮内省所管の華族女学校として発足。1918年(大正7)女子学習院となり、47年(昭和22)学習院と合併。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

女子学習院の関連キーワード秩父宮 勢津子三笠宮妃百合子高松宮妃喜久子井上 なつゑ東久邇 成子金子彦二郎佐成謙太郎酒井美意子富小路禎子愛新覚羅浩東久邇成子三井 礼子白洲 正子加藤シヅエ鷹司 和子野口 幽香松平 信子朝吹登水子木崎 為之小野 鵞堂

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女子学習院の関連情報