私立(読み)しりつ

精選版 日本国語大辞典「私立」の解説

し‐りつ【私立】

〘名〙
① 個人や民間団体が設立し維持すること。また、そのもの。官立や公立に対していう。わたくしりつ
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「此は今をさる七百年前に、『アッツォル』氏私立の寺なり」
たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉一「入谷ぢかくに育英舎とて、私立(シリツ)なれども生徒の数は千人近く」
③ 他の助けを借りないで自分の力でやっていくこと。独立。
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉二「一個私立の活計を為し得ざる者は、時勢の学問に疎き人なり」

わたくし‐りつ【私立】

〘名〙 (「私立(しりつ)」を、同音の「市立」と区別するためにいう) 個人や民間団体が設立し経営すること。また、その施設や学校など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「私立」の解説

し‐りつ【私立】

個人や民間団体が設立し、管理・維持すること。また、その施設。わたくしりつ。
私立学校」の略。「私立に進学する」
[類語]私立

わたくし‐りつ【私立】

《同音の「市立」と区別していう語》「しりつ(私立)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android