コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子深在性紫斑 じょししんざいせいしはんpurpura profunda feminae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女子深在性紫斑
じょししんざいせいしはん
purpura profunda feminae

デビス紫斑とほぼ同一とみなされている。 20~40歳の女子の四肢,特に膝を中心とした下肢に好発する紫斑。前駆症状なしに直径 1cm以上の比較的大形の紫斑が単発あるいは多発し,容易に消失する。成因として,血管壁の一過性の変性病変説と血小板機能障害説とがある。再発を繰返すが予後はよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android