女子深在性紫斑(読み)じょししんざいせいしはん(英語表記)purpura profunda feminae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女子深在性紫斑
じょししんざいせいしはん
purpura profunda feminae

デビス紫斑とほぼ同一とみなされている。 20~40歳の女子の四肢,特に膝を中心とした下肢に好発する紫斑。前駆症状なしに直径 1cm以上の比較的大形の紫斑が単発あるいは多発し,容易に消失する。成因として,血管壁の一過性の変性病変説と血小板機能障害説とがある。再発を繰返すが予後はよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android