コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子深在性紫斑 じょししんざいせいしはん purpura profunda feminae

1件 の用語解説(女子深在性紫斑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女子深在性紫斑
じょししんざいせいしはん
purpura profunda feminae

デビス紫斑とほぼ同一とみなされている。 20~40歳の女子の四肢,特に膝を中心とした下肢に好発する紫斑。前駆症状なしに直径 1cm以上の比較的大形の紫斑が単発あるいは多発し,容易に消失する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女子深在性紫斑の関連キーワード御休みなさい皆皆様見做し配当みなとみらい線桜島小みかん対応状態の法則巨勢宗深ミフウズラ(三斑鶉)低水敷Term

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone