コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女庭訓 オンナテイキン

デジタル大辞泉の解説

おんな‐ていきん〔をんな‐〕【女庭訓】

江戸時代、女子の手本となるような教訓などを記した書物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなていきん【女庭訓】

〔女子用「庭訓往来」の意〕
江戸時代の女子修養書。 「 -躾け方よう見やしやんせ/浄瑠璃・妹背山」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女庭訓の関連キーワード中村 歌右衛門(6代目)市川 左団次(3代目)竹本 津太夫(4代目)鶴沢 寛治(5代目)中村 鶴蔵(3代目)吉田玉五郎(2代)竹本染太夫(1世)桐竹紋十郎(初代)中村獅童(二代目)竹本染太夫(初代)鶴沢友次郎(2代)竹本春太夫(初代)妹背山(奈良県)鶴沢文蔵(1世)野沢錦糸(5代)中村雀右衛門鶴沢友次郎東西庵南北人形浄瑠璃吉野(町)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android