コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女能 オンナノウ

2件 の用語解説(女能の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんな‐のう〔をんな‐〕【女能】

能で、女性を主人公としたもの。女物。鬘物(かずらもの)。→男能
女性だけで演じる能。女猿楽(おんなさるがく)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなのう【女能】

女を主人公とする能。女物。三番目物。鬘物かずらもの。 「(観阿弥ハ)大男にていられしが、-などには細々となり/申楽談儀」
女が演ずる能。美人を集めてシテ役とした。室町後期・安土桃山時代に盛んであったが、慶長年間(1596~1615)に禁止された。女申楽おんなさるがく。女房能。女房申楽。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女能の関連情報