コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女能 オンナノウ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐のう〔をんな‐〕【女能】

能で、女性を主人公としたもの。女物。鬘物(かずらもの)。→男能
女性だけで演じる。女猿楽(おんなさるがく)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなのう【女能】

女を主人公とする能。女物。三番目物。鬘物かずらもの。 「(観阿弥ハ)大男にていられしが、-などには細々となり/申楽談儀」
女が演ずる能。美人を集めてシテ役とした。室町後期・安土桃山時代に盛んであったが、慶長年間(1596~1615)に禁止された。女申楽おんなさるがく。女房能。女房申楽。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

女能の関連キーワード隅田川(能、歌舞伎舞踊劇)安土桃山時代五百井女王桜川(能)女懸かり申楽談儀桜間道雄市原王鬘物女物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女能の関連情報