コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女物 おんなもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女物
おんなもの

(1) 能の鬘物 (かずらもの) のこと。 (2) 狂言の役柄による曲目分類の一つ。女物の称は和泉流でいい,大蔵流では聟 (むこ) 狂言に含めるが,曲目は同一でない。『二九十八』『吹取』『伊文字』『釣針』『業平餅』『岩橋』『因幡堂』『石神』『引括』『吃り』『鎌腹』『連歌十徳』『千切木』『鏡男』『内沙汰 (右近左近) 』『髭櫓』『児流鏑馬』『太鼓負』『河原太郎』『今神明』『箕被』『法師ヶ母』『茶子味梅』『金岡』『塗師平六』『雪打』『六人僧』『伯母ヶ酒』『子盗人』『痩松』『歌仙』『若菜』『田植』などで,大蔵流では重習 (おもならい) ,極 (ごく) 重習の『比丘貞』『枕物狂』『庵の梅』『花子』『狸腹鼓』なども含める (→習物 ) 。女性をシテとする曲は老尼『比丘貞』『庵の梅』の場合のみで,ほかは女物といっても女性をアドにする曲である。大名物,鬼山伏物,出家物,座頭物など他の曲に分類しにくいものを集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おんな‐もの〔をんな‐〕【女物】

女性が身につけたり、持ち歩いたりするのにふさわしく作った品物。婦人物。「女物の時計」⇔男物
女能(おんなのう)1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんなもの【女物】

女性用として作った品物。 ↔ 男物 「 -の傘」
女能おんなのう 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女物の関連キーワードウィメンズウエア日除け・日避け抱き幅・抱幅あわせ(袷)引付け下駄ツーピース鸚鵡小町清元羽織身八つ口物狂い能紅絹・紅玉城朝薫男物狂い元禄袖江戸褄合財袋紅返し付下げ狂女物明珍織

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女物の関連情報