コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女訓抄 じょくんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じょくんしょう【女訓抄】

仮名草子。作者不明。1637年(寛永14)刊。古活字版。3巻。古活字版のほかに写本があり,成立はもう少しさかのぼるかと思われる。古活字版《乳母(めのと)の草子》とともに,女性のための教訓書の先駆であり,全体に仏教・儒教思想が濃厚である。女性の五障,三従,七去三不去を説いているが,また中国や日本の貞女・悪女の例も挙げている。この書は,のちの《仮名列女伝》にも影響を与えている。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女訓抄の関連キーワードマストリリデカルトコルネイユ(Pierre Corneille)島原・天草一揆ル・シッド高齢者はわが国の含み資産大矢野原演習場島原の乱月桂冠荒木又右衛門