コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女訓抄 じょくんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じょくんしょう【女訓抄】

仮名草子。作者不明。1637年(寛永14)刊。古活字版。3巻。古活字版のほかに写本があり,成立はもう少しさかのぼるかと思われる。古活字版《乳母(めのと)の草子》とともに,女性のための教訓書の先駆であり,全体に仏教・儒教思想が濃厚である。女性の五障,三従,七去三不去を説いているが,また中国や日本の貞女・悪女の例も挙げている。この書は,のちの《仮名列女伝》にも影響を与えている。【野田 寿雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

女訓抄の関連キーワード仮名草子山田常典大神貫道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android