コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女訓抄 じょくんしょう

1件 の用語解説(女訓抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょくんしょう【女訓抄】

仮名草子。作者不明。1637年(寛永14)刊。古活字版。3巻。古活字版のほかに写本があり,成立はもう少しさかのぼるかと思われる。古活字版《乳母(めのと)の草子》とともに,女性のための教訓書の先駆であり,全体に仏教・儒教思想が濃厚である。女性の五障,三従,七去三不去を説いているが,また中国や日本の貞女・悪女の例も挙げている。この書は,のちの《仮名列女伝》にも影響を与えている。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

女訓抄の関連キーワード薄雪物語可笑記仮名草子棠陰比事仁勢物語尤草紙恨之介仮名本恵中苗村常伯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone