コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名列女伝 かなれつじょでん

世界大百科事典 第2版の解説

かなれつじょでん【仮名列女伝】

仮名草子。1655年(明暦1)刊。8巻。中国宋代の劉向の《列女伝》を北村季吟が翻訳したもので,124話の中国の賢女貞女の逸話を載せる。ただし妲己(だつき)や褒似(ほうじ)のごとき悪女の例も載せている。この書は,江戸時代小説の中で,中国や日本の名女の逸話を集めるという形式の基になった。たとえば《女郎花(おみなえし)物語》《本朝女鑑》《賢女物語》《名女情くらべ》のごとき女性教訓書のはしりである。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仮名列女伝の関連キーワード仮名草子女訓抄

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android