コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名列女伝 かなれつじょでん

1件 の用語解説(仮名列女伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かなれつじょでん【仮名列女伝】

仮名草子。1655年(明暦1)刊。8巻。中国宋代の劉向の《列女伝》を北村季吟が翻訳したもので,124話の中国の賢女貞女の逸話を載せる。ただし妲己(だつき)や褒似(ほうじ)のごとき悪女の例も載せている。この書は,江戸時代小説の中で,中国や日本の名女の逸話を集めるという形式の基になった。たとえば《女郎花(おみなえし)物語》《本朝女鑑》《賢女物語》《名女情くらべ》のごとき女性教訓書のはしりである。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仮名列女伝の関連キーワード可笑記仮名草子仁勢物語尤草紙狗張子因果物語仮名本新語園明暦恵中

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone