好所(読み)いいところ

精選版 日本国語大辞典「好所」の解説

いい【好】 所(ところ)

① 身分、家柄、経済状態などのよい家。特に、金持ちの家。
※人情本・春色雪の梅(1838‐42頃か)初「相手は富家(イイトコ)の若旦那(むすこ)ださうだ」
② あるものの中で、よい部分。
(イ) ましな部分。満足できる程度。
※歌舞伎・佐野常世誉免状(鉢の木)(1858)上「三度の食はか稗、いいところで麦がせいぎり」
(ロ) 特に賞味すべき部分。味わいどころ。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「生でたべるのだから精肉(イイトコ)をうす切にして」
(ハ) 好ましい部分。また、長所。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴秋雨芸者にそれほど思ひ込まれるといふのは、きっと男としてどこかいいところがあるんだ」
③ 都合のよい時。適切な頃合
※歌舞伎・吉様参由縁音信(小堀政談)(1869)五幕「地獄にも知る人だ、いい所で手前に逢った」
④ (「…もいい所」の形で、多く否定的な事柄を強調していう) …という批評もまだ好意のある方で、本当のところはもっとひどいものだの意を表わす。全く…である。まさに…である。
※他人の顔(1964)〈安部公房〉白いノート「醜いあひるの子の物語は、かならず白鳥の歌でしめくくられるものと相場がきまっているらしい。御都合主義もいいところである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android