御都合主義(読み)ゴツゴウシュギ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごつごう‐しゅぎ ゴツガフ‥【御都合主義】

〘名〙 自分の定見を持たず、その時その時の状況に応じて自分に都合のいいように判断し行動するしかたをさげすんでいう語。節操のない態度。
※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「政治界も宗教界も其日其日の御都合主義(ゴツガフシュギ)となってゐるは事実で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報