コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御都合主義 ゴツゴウシュギ

デジタル大辞泉の解説

ごつごう‐しゅぎ〔ゴツガフ‐〕【御都合主義】

定見を持たず、その時、その場の都合や成り行きで、どのようにでも態度を変えること。オポチュニズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごつごうしゅぎ【御都合主義】

一定の方針や定見を持たず、その場その場の状況に合わせて行動する無節操なやり方をさげすんでいう語。オポチュニズム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御都合主義の関連キーワードオポチュニスト日和見主義メロドラマ便宜主義盧武鉉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android