妖氛(読み)ようふん

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐ふん エウ‥【妖氛】

〘名〙 わざわいをおよぼす気。悪気。妖気。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・六月祓〈藤原茂明〉「仙算千年祈不尽。妖氛万里払無来」 〔春秋左伝注‐昭公一五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android