藤原茂明(読み)ふじわらの もちあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原茂明 ふじわらの-もちあきら

1093ごろ-? 平安時代後期の官吏,漢詩人。
寛治(かんじ)7年ごろ生まれ。藤原敦基(あつもと)の子。文章得業生(もんじょうとくごうしょう)となり,蔵人(くろうど),式部少輔(しょう)をへて,康治(こうじ)3年文章博士となる。詩は「本朝無題詩」に57首のほか,「表白集」「願文集」「詩序集」などにある。

藤原茂明 ふじわらの-しげあき

ふじわらの-もちあきら

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android