妖雲(読み)ヨウウン

大辞林 第三版の解説

よううん【妖雲】

不吉な事の起こるのを暗示しているような気味の悪い雲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐うん エウ‥【妖雲】

〘名〙 不吉な前兆のような、あやしい雲。また、そういう気配のたとえ。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「斯く幽暗世界の間に妖雲惨霧を払ひ」 〔駢雅‐釈天〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android