妙智会(読み)みょうちかい

世界大百科事典 第2版の解説

東京都渋谷区に本部をおく日蓮系の在家仏教教団開祖宮本ミツ(1900‐84)。宮本久保角太郎小谷喜美の主宰していた霊友会に属していたが,1950年脱会して妙智会を創立した。《法華経》《無量義経》《観普賢経》の法華三部経をよりどころとし,母体であった霊友会の教義儀式を継承する。とりわけ法華経による先祖供養の実践を教義としていることは,霊友会から独立して別派を立てた佐原忠次郎の妙道会,関口嘉一の仏所護念会,斎藤豊吉の法師会,山口まさえの正義会,石倉保助の大慧会等の諸教団とも共通する,霊友会系統の教団の特色である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android