コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保角太郎 くぼ かくたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保角太郎 くぼ-かくたろう

1892-1944 大正-昭和時代前期の宗教家。
明治25年1月7日生まれ。法華(ほっけ)信仰にひかれ,霊能者若月チセ(妙心)と知りあい,大正9年霊の友会を結成。14年実兄小谷安吉と喜美の夫妻とともに大日本霊友会を発足させて理事長に就任,教団の基礎をきずいた。昭和19年11月18日死去。53歳。千葉県出身。旧姓は松鷹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久保角太郎
くぼかくたろう
(1892―1944)

昭和期の宗教家。霊友会初代理事長。千葉県安房(あわ)郡湊(みなと)村(現、鴨川市)の松鷹(まつたか)家の三男に生まれる。小学校を終えて上京、大工修業のかたわら夜は工手学校(現、工学院大学)に通った。仕事が取り結ぶ縁で1919年(大正8)宗秩寮(そうちつりょう)総裁仙石(せんごく)子爵の家老格久保家の養子となり、宮内省営繕課に勤めた。入り婿の際、増子酉治(ますこゆうじ)(1885―1979)から法華(ほっけ)信仰の洗礼を受けた。しかし、仏所護念会を主宰する西田利蔵(1850―1918)の万霊供養の思想的影響のもとに、1920年に霊の友会を結成した。大正末年からは行者若月チセ(1884―1971)、戸次貞雄(べっきさだお)(1897―1965)と霊友会の活動を展開した。1930年(昭和5)には、万霊を祀(まつ)り、先祖を供養するという教義を掲げ、自ら理事長となり、実兄小谷安吉(こたにやすきち)の妻喜美(きみ)とともに霊友会を正式発足させ、第二次世界大戦後最大の新宗教教団の一つである霊友会の発展の基礎を築いた。[藤井正雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の久保角太郎の言及

【小谷喜美】より

…宗教法人霊友会初代会長。神奈川県三浦に生まれ,1925年に霊友会の教祖となる久保角太郎の実兄小谷安吉と結婚。久保の教導にふれ,霊友会創立につくし,30年7月会長に就任,布教に専念して,社会奉仕活動に尽力,霊友会の基礎をきずいた。…

【霊友会】より

…久保角太郎(1892‐1944)と小谷喜美が中心となって創立した在家主義仏教団。久保は,法華行者西田俊蔵の説く万霊供養の教えにひかれ,1919年霊の友会を創設,六親眷属たる家の先祖供養として説いて布教し,25年兄小谷安吉,その妻喜美と大日本霊友会を設立,喜美が会長に就任した。…

※「久保角太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久保角太郎の関連キーワード霊友会(れいゆうかい)小谷 喜美久保継成妙智会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android