妙果(読み)ミョウカ

大辞林 第三版の解説

みょうか【妙果】

すぐれた修行によって得られるすぐれた果報。仏果。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐か メウクヮ【妙果】

〘名〙 仏語。善根功徳によって得られるすぐれた果報。すなわち仏果のこと。仏の悟り。勝果。無上果。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳十方三界、六道四生、同霑此福咸、登妙果」
※観智院本三宝絵(984)下「菩提の玅果はなりかたきにあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android