妙趣(読み)ミョウシュ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐しゅ〔メウ‐〕【妙趣】

すぐれたおもむき。非常にすばらしい味わい。妙味。「妙趣に富む名園」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうしゅ【妙趣】

すぐれたおもむき。言うに言われぬあじわい。 「 -のある庭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐しゅ メウ‥【妙趣】

〘名〙 すぐれたおもむき。いうにいわれない意味合い。妙味。妙致
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「我師之勧誘、妙在茲也」
※月曜講演(1898)〈内村鑑三〉二「彼の文学の妙趣を玩味せんと欲すれば、其の国語を以てするの外ある可らず」 〔唯識枢要‐上・本〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android