コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妹尾三郎平 せのお さぶろべい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妹尾三郎平 せのお-さぶろべい

1837-1872 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)土居村の庄屋の子。郷学行余堂(こうよどう)をたて,尊王家豊田謙次をまねく。のち有栖川宮(ありすがわのみや)に属し,戊辰(ぼしん)戦争に従軍。明治4年外山光輔(とやま-みつすけ)らの攘夷決行の企てに参加して捕らえられ,5年3月13日鹿児島で獄死。36歳。名は兼教(かねのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

妹尾三郎平の関連キーワード明治時代運動家尊攘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android