コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻入り つまいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妻入り
つまいり

棟木と直角の面を「妻」,平行の面を「平 (ひら) 」といい,妻に入口のある建物を妻入りという。神社建築で大社造住吉造春日造は妻入りで,民家にもところにより妻入りのものがある。「平」に入口のある平入りに対する語。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

つまいり【妻入り】

建物の妻側に入り口を設けて正面とする建築様式。 ↔ ひら入り

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の妻入りの言及

【社寺建築構造】より

…屋根の棟に平行な方向を桁行(けたゆき)と呼び,これと直角な方向を梁行(はりゆき)と呼ぶ。また出入口が桁行方向の側面にあるものを平入り(ひらいり),梁行の側面にあるものを妻入り(つまいり)と呼ぶ。一般に平入りが多く,妻入りは少ないから,正面の長さが桁行となり,また先に述べた傾斜した屋根をもつ関係から,桁行の方が梁行より長いのが一般的である。…

【町家(町屋)】より

…通常,道路に面して蔀戸(しとみど)形式の建具を備えた店を開き,片側に裏庭まで通じる土間を設け,入口には潜戸(くぐりど)付きの大戸を設けるが,表側に格子をはめこんで外からの見通しを避け,用心を固めた家も少なくない。町家はふつう主屋の棟を街路と平行に通し(平入り),主屋の屋根と庇(ひさし)を二重に出し,物置に使われる低い二階を備えている形式が多いが,棟を街路と直角に通し,街路側に三角の破風が見える妻入り(つまいり)型のものもある。妻入り型の町家は,西日本では茅葺き屋根の形式が残ったもの,東日本では積雪の処理のためであったと思われる。…

【屋根】より

…軒下の空間は内部空間と外部空間をつなぐ役割をもっているから,軒の出の深い建物のほうが建物に近づく人間を建物の中に誘導する印象を与える。社寺建築などで軒の出が大きいのは,この効果をねらっていると考えられるし,切妻の家の妻側に入口を設けた例(妻入りという)は,一般に軒のある側から入る場合(平入りという)に比べて人が近づきがたい印象を与える。玄関部分だけに特別に深い玄関庇を設けるのは,出入りのときに雨にぬれないためもあるが,上述のようなデザイン的要因も同時に考えられている。…

※「妻入り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妻入りの関連キーワード平田(島根県)町家(町屋)おはらい町竹原(市)出雲大社大社造り東三条殿建築様式住吉大社大鳥造り向い唐門合掌造本棟造大鳥造大嘗宮入母屋切妻屋根角正平田

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妻入りの関連情報