コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉造 すみよしづくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住吉造
すみよしづくり

神社本殿の一形式。屋根は切妻造そりがなく,妻入り。棟に千木堅魚木 (かつおぎ) を置く。前を外陣,うしろを内陣とし,正面に木階がかけてある。大阪の住吉大社の本殿がその代表的建築。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

住吉造【すみよしづくり】

大阪の住吉大社本殿に代表される神社建築の一形式。桁行(けたゆき)4間,梁間(はりま)2間で,切妻屋根に千木(ちぎ)と5本の堅魚木(かつおぎ)を置く。妻のある方を正面とし,前半部を外陣,後半部を内陣とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住吉造
すみよしづくり

神社本殿建築の形式の一つ。切妻(きりづま)造、妻入(つまいり)で、正面二間、側面四間と奥行が深く、内部は中央で仕切り、後部を内陣(ないじん)、前部を外陣(げじん)に分ける。正面に階段がつくだけで周囲に縁が巡らず、素朴な外観をみせるが、柱は朱塗り、壁は胡粉(ごふん)塗りの横板壁で色彩の対比が鮮やかである。棟の両端は現在鬼板を飾り、棟上の鰹木(かつおぎ)は角形となり珍しいが、千木(ちぎ)も置千木となり古式が失われている。大阪・住吉大社本殿(国宝)が代表的で、類例は少ない。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の住吉造の言及

【神社建築】より

…この伊勢神宮の7,8世紀における発展が他の神社の制度や運営に大きな影響を与えたのであって,いくつかの本殿形式の成立もまた,神宮正殿の影響を考えずには理解できないのである。式年造替
【神社本殿の諸形式】
 先に掲げた分類表が示すように,流造,春日造を除く本殿形式として大社造,住吉造,八幡造,日吉造などがあるが,これらの数はきわめて少ない。これらの形式はある特定の神社に固有の形式であって,同じ祭神が他の場所に勧請されたときにその本殿形式が再現される場合を除くと,一般に形式の伝播という現象はなかったと考えてよいであろう。…

【住吉大社】より

…各殿をめぐる瑞垣(みずがき)や玉垣の形も古風である。住吉大社に用いられたこの形式を住吉造とよぶ。その平面や立面が大嘗宮正殿と類似している点は注意される。…

※「住吉造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

住吉造の関連キーワード住吉神社(福岡市)神社(じんじゃ)切妻屋根鰹木

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android