コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻木広忠 つまき ひろただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妻木広忠 つまき-ひろただ

1514-1582 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)11年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)土岐郡妻木城主。明智光秀(あけち-みつひで)の妻の伯父。本能寺の変後,羽柴(豊臣)秀吉の軍に追われて,天正(てんしょう)10年6月18日近江(おうみ)(滋賀県)坂本西鏡寺で自刃(じじん)。69歳。通称は藤右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

妻木広忠の関連キーワード一条冬良岳翁蔵丘岳翁蔵丘ドージャ浜松城明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone