始原生殖細胞(読み)シゲンセイショクサイボウ

  • しげんせいしょくさいぼう〔セイシヨクサイバウ〕

世界大百科事典内の始原生殖細胞の言及

【細胞分裂】より


[減数分裂meiosis]
 細胞には体細胞と生殖細胞とがあり,生殖細胞によってその生物のもつ遺伝情報の継続が約束され,世代の若返りが可能になる。生殖細胞の元になる細胞は始原生殖細胞と呼ばれ,発生の早い時期から他の組織細胞と区別されるような形態的特徴をもっている。これらは生殖巣の原基に入りこみ,やがて卵原細胞または精原細胞となる。…

【卵巣】より

… 卵巣皮質中に最も多く見いだされるのは,一次(原始)卵胞(一次濾胞)で,それぞれの中央に卵母細胞が位置する。卵母細胞は胎生期に卵巣に迷入した原始生殖細胞primordial germ cell(生物学では始原生殖細胞という)に由来する。かつては,腹膜上皮に由来すると考えられ,腹膜上皮を胚上皮と呼んだが,まちがいであることが明らかになった。…

※「始原生殖細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android