コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜寨遺跡 きょうさいいせき Jiāng zhài yí zhǐ

1件 の用語解説(姜寨遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうさいいせき【姜寨遺跡 Jiāng zhài yí zhǐ】

中国,陝西省臨潼県姜寨村にある新石器時代仰韶文化の集落遺跡。1972‐79年に11回にわたる発掘調査が行われた。遺跡は驪山(りざん)山麓の臨河の東岸台地に位置し,東西310m,南北180mの範囲にわたる。住居址約120,土壙墓300,甕棺240,貯蔵穴400,圏欄(けんらん)(家畜用柵)3,土器を焼いた窯4と1万点に近い遺物が発見された。集落は周囲を空濠でかこみ,中央に広場を設け,そのまわりに住居が展開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

姜寨遺跡の関連キーワード旧石器時代仰韶文化新石器時代石器時代打製石器中石器時代磨製石器鴻門新石器驪山

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone