コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横田 よこた

9件 の用語解説(横田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横田
よこた

島根県東部,奥出雲町東部を占める旧町域。斐伊川上流域にあり,鳥取県と広島県に接する。 1941年町制。 1957年鳥上村,八川村,馬木村の3村と合体して斐上町となり,1958年横田町に改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よこた【横田】

姓氏の一。
[補説]「横田」姓の人物
横田喜三郎(よこたきさぶろう)
横田順弥(よこたじゅんや)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よこた【横田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横田
よこた

島根県南東部、仁多(にた)郡にあった旧町名(横田町(ちょう))。現在は奥出雲(おくいずも)町の東半分を占める地域。鳥取・広島両県に接する。旧横田町は、1941年(昭和16)町制施行。1957年鳥上(とりかみ)、八川(やかわ)、馬木(まき)の3村と合併して斐上(ひかみ)町となったが、1958年ふたたび横田町となった。2005年(平成17)仁多町と合併して奥出雲町となる。JR木次(きすき)線、国道314号が通じる。国道314号の板根―三井野原(みいのはら)間は二重ループ式道路で「奥出雲おろちループ」とよばれている。斐伊(ひい)川の上流域、中国山地にあり、小盆地では米の単作が行われ、また古くからの和牛飼育も盛んである。斐伊川上流域は記紀などの「肥上の河上」「簸の川上」の地で「八岐大蛇(やまたのおろち)」伝説地。砂鉄採取とたたら製鉄で知られ、鉄穴(かんな)流しの跡地が水田化され、棚田も多い。農家の余剰労働力をもとに発達した雲州(うんしゅう)そろばんの生産は、全国のシェアも高く、県の特産品となっている。しかし、そろばんの消費量が限界を示しているため、銘木工芸品などに生産を広げている。広島県境に近い三井野原は高原野菜栽培とスキー場で知られる。[小松 聰]
『『横田町誌』(1968・横田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横田の関連キーワード島根県仁多郡奥出雲町大谷島根県仁多郡奥出雲町大馬木島根県仁多郡奥出雲町亀嵩島根県仁多郡奥出雲町鴨倉島根県仁多郡奥出雲町郡島根県仁多郡奥出雲町佐白島根県仁多郡奥出雲町竹崎島根県仁多郡島根県仁多郡奥出雲町三成島根県仁多郡奥出雲町八川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横田の関連情報