コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜詩 キョウシ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐し〔キヤウ‐〕【姜詩】

中国、後漢の人。二十四孝の一人。妻と協力して病母に仕え、母の好物の魚を苦労して求めていたが、ある時、家のそばから泉が湧き出し、鯉(こい)がおどり出てきたと伝えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうし【姜詩】

中国、後漢の人。二十四孝の一人。妻の龐氏ほうしとともによく母に仕え、江水を苦労して汲み、また膾なますを求めて供した。ある日、庭に泉が湧き出し、味は江水のようで、その上、毎朝二尾の鯉を出したという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

姜詩の関連キーワード江水

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android