コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜詩 キョウシ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐し〔キヤウ‐〕【姜詩】

中国、後漢の人。二十四孝の一人。妻と協力して病母に仕え、母の好物の魚を苦労して求めていたが、ある時、家のそばから泉が湧き出し、鯉(こい)がおどり出てきたと伝えられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうし【姜詩】

中国、後漢の人。二十四孝の一人。妻の龐氏ほうしとともによく母に仕え、江水を苦労して汲み、また膾なますを求めて供した。ある日、庭に泉が湧き出し、味は江水のようで、その上、毎朝二尾の鯉を出したという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

姜詩の関連キーワード江水

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android