姜詩(読み)きょうし

精選版 日本国語大辞典「姜詩」の解説

きょう‐し キャウ‥【姜詩】

中国後漢の人。二十四孝のひとり。広漢の出身。の龐(ほう)氏とともにに仕え、苦労して、母の好む江水をくみ、膾(なます)を作って饗したところ、ある日、前庭に江水に似た味の清水が湧いて、毎朝二尾のをもたらした。このため、赤眉もその郷里を略奪しえなかったという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「姜詩」の解説

きょう‐し〔キヤウ‐〕【姜詩】

中国、後漢の人。二十四孝の一人。妻と協力して病母に仕え、母の好物を苦労して求めていたが、ある時、家のそばからが湧き出し、こいがおどり出てきたと伝えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android