姥百合(読み)ウバユリ

大辞林 第三版の解説

うばゆり【姥百合】

ユリ科の多年草。山林中に生える。葉は卵心形。花茎は高さ1メートルに達し、夏、茎頂に数個の筒形の緑色を帯びた白花を開く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

姥百合 (ウバユリ)

学名:Cardiocrinum cordatum var.cordatum
植物。ユリ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うば‐ゆり【姥百合】

〘名〙 ユリ科の多年草。中部、関東以西の山野の日陰に生える。高さ約一メートル。夏、茎を出し、その頂に緑白色で長さ七~一〇センチメートルにもなる漏斗形の花が横向きに咲く。地下に卵形の鱗茎(りんけい)があり、良質のでんぷんがとれる。葉は楕円状心臓形で先がとがり、長さ約二〇センチメートル。若葉は食用となる。かばゆり。ねずみゆり。〔俳諧・清鉋(1745頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android