コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫岳 きがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姫岳 きがく

1760-1823 江戸時代中期-後期の僧,俳人。
宝暦10年生まれ。陸奥(むつ)盛岡の天台宗峰寿院住職。京都聖護院(しょうごいん)にまなぶ。与謝蕪村(よさ-ぶそん)の門人書画,詩文などにすぐれた。文政6年4月5日死去。64歳。俗姓は新稲戸。法名は明洗。著作に「入木談」「姫岳句集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

姫岳の関連キーワード臼杵(市)大内持世津久見市俳人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android