コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中伝左衛門 たなかでんざえもん

2件 の用語解説(田中伝左衛門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たなかでんざえもん【田中伝左衛門】

長唄囃子方。流祖は延享年間(1744‐48)の森田座小鼓方西村弥平治といわれ,初世と2世は西村弥平治を数えるのか,あるいは田中伝左衛門を名のっていたのか明らかではない。(1)3世 (?‐1801(享和1)) 初名源助,前名田中佐太郎。1760年(宝暦10)伝左衛門を襲名する。3世の次男万吉は8世杵屋喜三郎の養子となり,のち9世杵屋六左衛門となる。(2)4世(?‐1830(天保1)) 3世の長男。幼名与市,前名2世佐太郎。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中伝左衛門
たなかでんざえもん

歌舞伎囃子方(かぶきはやしかた)、田中流の家元名。田中流は江戸中期の西村弥平次(やへいじ)(弥平治とも)よりおこり、次代も弥平次と称したという。そして、1749年(寛延2)森田座の顔見世番付に名を現す田中源助(?―1801)が佐太郎の名を経て田中伝左衛門を名のったが、同人は弥平次の弟子か縁者だったらしく、この伝左衛門を3世と数えている。以後かならずしも実子相続ではなかったが、江戸時代を通じ8世まで継承された。なかでは、江戸後期歌舞伎囃子界の貴重な記録『芝居囃子日記』を残した6世(?―1853)が著名。明治期になり、1895年(明治28)に9世(?―1909)が金沢へ移住し、歌舞伎界から伝左衛門の名跡は中絶した。[小林 責]

10世

(1880―1955)本名赤田礼三郎。1892年(明治25)9世の門弟となり田中源助を名のったが、師の金沢移住に伴い5世尾上(おのえ)菊五郎の弟子分となって柏扇吉(かしわせんきち)と改名。1911年(明治44)田中家の親戚(しんせき)にあたる杵屋(きねや)六左衛門家の勧めで田中伝左衛門を襲名、開場した帝国劇場の専属となった。のち初世中村吉右衛門(きちえもん)一座の囃子主任を勤め、43年(昭和18)に俳名凉月(りょうげつ)を名のる。[小林 責]

11世

(1907―97)本名奥瀬孝。10世の次男。前名、8世佐太郎。1946年(昭和21)11世襲名。64年歌舞伎囃子協会を設立して初代会長に就任。78年歌舞伎音楽(囃子)部門として初の重要無形文化財各個指定(人間国宝)の認定を受ける。能楽囃子の造詣(ぞうけい)が深く、歌舞伎囃子の研究者としても知られる。嗣子(しし)は三女の9世佐太郎(1948― )。兄に2世凉月(1904―1979)があった。[小林 責]
『11世田中伝左衛門・今尾哲也著『囃子……十一世田中伝左衛門聞書』(1983・玉川大学出版部) ▽『囃子とともに……十一世田中伝左衛門著作集』(1984・田中伝左衛門氏の喜寿を祝う会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中伝左衛門の関連キーワード出囃子手鼓素囃子囃子方囃子座竜神囃子鳴物師堅田喜総治(初代)亀井忠雄田中伝一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone