コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫昔艾 ひめむかしよもぎ

大辞林 第三版の解説

ひめむかしよもぎ【姫昔艾】

キク科の越年草。北アメリカ原産の帰化植物。明治初年に渡来。道端や荒れ地に普通に見られる。茎は直立し、高さ約1.5メートル。葉は細長い披針形。8~10月、茎頂の大形の円錐花序に白色の小さい頭状花を密につける。御維新草。明治草。鉄道草。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

姫昔艾 (ヒメムカシヨモギ)

学名:Erigeron canadensis
植物。キク科越年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

姫昔艾の関連キーワード帰化植物円錐花序御維新草荒れ地鉄道草渡来

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android