威武も屈するあたわず(読み)いぶもくっするあたわず

故事成語を知る辞典の解説

どんな状況であっても、自分の意志を変えようとはしないということ。

[使用例] いかな逆境に逢うても、自分の本心がしたくないことはしない。いわゆる威武も屈するわず、富貴も移すことの出来ぬ男だ[森銑三*陸羯南遺聞|1975]

[由来] 「孟子とうのぶんこう・下」に出て来ることばから。孟子は、弟子の「大丈夫(立派な男性)」に関する質問に、「『富貴もいんするあたわず、貧賤も移す能わず、威武も屈する能わず(どんなに財産や地位を与えられても心を乱さず、どんなに貧しくいやしい身分に落とされても志を変えず、どんな権力や武力でも言うことを聞かせることができない)』、そういう人物こそ『大丈夫』というのだ」と答えています。

[解説] 「富貴も淫するあたわず」や「貧賤も移すあたわず」などと、よく一緒に使われます。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android