コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森銑三 モリセンゾウ

デジタル大辞泉の解説

もり‐せんぞう〔‐センザウ〕【森銑三】

[1895~1985]書誌学者。愛知の生まれ。東京帝大史料編纂所勤務。近世・近代の人物の伝記や書誌を研究、多くの埋もれた人物を発掘したことで知られる。著作に「渡辺崋山」「おらんだ正月」「西鶴と西鶴本」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

森銑三【もりせんぞう】

近世学芸史研究家。筆名刈谷新三郎,閑々子など。愛知県生れ。文部省図書館講習所卒。刈谷図書館村上文庫の整理・目録編纂,東大史料編纂所勤務,尾張徳川家蓬左文庫主任を経て,戦後は早大で書誌学を講ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森銑三 もり-せんぞう

1895-1985 大正-昭和時代の書誌学者。
明治28年9月11日生まれ。東京帝大史料編纂(へんさん)所,尾張(おわり)徳川家蓬左(ほうさ)文庫につとめ,戦後は早大で書誌学を講義。近世学芸史を研究し,資料を探索してうもれていた人物を発掘した。昭和60年3月7日死去。89歳。愛知県出身。文部省図書館講習所卒。著作に「おらんだ正月」「松本奎堂(けいどう)」「西鶴と西鶴本」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もりせんぞう【森銑三】

1895~1985) 書誌学者。愛知県生まれ。日本近世文化・文学および人物研究に貢献。著「おらんだ正月」「西鶴と西鶴本」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森銑三
もりせんぞう
(1895―1985)

近世学芸史研究家。愛知県生まれ。東京・築地の工手学校予科修了後、郷里の刈谷図書館を経て、東京帝国大学史料編纂(へんさん)所に勤め、主として近世の人物研究を志し、『渡辺崋山(かざん)』(1941)ほかの著書がある。第二次世界大戦後は井原西鶴(さいかく)研究の分野で『西鶴と西鶴本』(1955)などに独自の見解を示し、『古い雑誌から』(1956)、『明治人物夜話』(1969)、『思ひ出すことども』(1975)といった随筆類にも、その見識がうかがわれる。[保昌正夫]
『『森銑三著作集』12巻・別巻1(1970~71・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

森銑三の関連キーワード深刻小説日清戦争朝鮮映画皮革工業松竹(株)観念小説文芸倶楽部指紋押捺制度世界女性会議グロムイコ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森銑三の関連情報