娑婆以来(読み)しゃばいらい

精選版 日本国語大辞典「娑婆以来」の解説

しゃば‐いらい【娑婆以来】

〘名〙 江戸時代の通人仲間の挨拶ことば。「めずらしい」とか「ひさしぶり」の意で、長く別れていて後に会ったときにふざけて使った。また、特に遊郭の中で知人に出会ったときに、こんなところでまた出会ったなあという気持で用いた。「娑婆で見た彌次郎」に由来する語。
俳諧・通し馬(1680)「目にみえぬ風赤鬼の秋〈梅朝〉 哀なり飛花落葉も娑婆(シャバ)以来〈江雲〉」
※談義本・地獄楽日記(1755)一「『(これ)がほんの娑婆以来ぢゃ』と、三人手を取て涙にくれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「娑婆以来」の解説

しゃば‐いらい【×娑婆以来】

久しぶりに会ったときに使うあいさつの語。江戸時代、通人仲間で用いた。また、特に遊郭内で知人に出会ったときにも用いた。
「―これは是はとそり返り」〈柳多留・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android