娑婆塞(読み)しゃばふさぎ

精選版 日本国語大辞典「娑婆塞」の解説

しゃば‐ふさぎ【娑婆塞】

〙 なんの役にもたたないのに、いつまでも生きていること。生きていることが他人の邪魔になること。また、その人。ごくつぶし。しゃばっぷさぎ。しゃばふさげ。しゃばふたげ。
日葡辞書(1603‐04)「シャバフサゲ、または、Xabafusagui(シャバフサギ)
※俳諧・崑山集(1651)一〇「月かくす雲や今宵の娑婆ふさぎ〈一滴〉」
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉六七「俗に云ふ娑婆塞(シャバフサギ)邪魔者なれば」

しゃば‐ふさげ【娑婆塞】

※天草本伊曾保(1593)の事「カヤウノ イタヅラモノヲ xabafusagueni(シャバフサゲニ) イケテ ヲイテ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android