今宵(読み)こよい

精選版 日本国語大辞典「今宵」の解説

こ‐よい ‥よひ【今宵】

〘名〙 (此の)
今夜。今晩。
※書紀(720)允恭八年二月・歌謡「我が夫子(せこ)が来べき宵なり ささがねの 蜘蛛の行ひ 虚予比(コヨヒ)著しも」
② 夜が明けた後、昨夜のことをいう。ゆうべ。昨晩。
源氏(1001‐14頃)蜻蛉「いかなるぞとけす女にとへば、うへの、こよひにはかに亡せ給にければ、物もおぼえ給はず」
[語誌]「今夜」の意が通時的にみられ、「昨夜」の意が中世まで並列して存在したことは、一日の起算仕方がいろいろあったことに起因する。近世以降は一般的に「今夜」の意に統一される。

こん‐しょう ‥セウ【今宵】

〘名〙 話し手が今身を置いているその日の夕刻。きょうの夕刻。また、夜中にいたるまでの間。今夕。今夜。こよい。〔易林本節用集(1597)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「今宵」の解説

こ‐よい〔‐よひ〕【今宵】

今夜。今晩。「今宵の月」
翌朝になってからみて、昨夜のこと。ゆうべ。
「―の風にも、あくがれなまほしく侍りつれ」〈・野分〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android