コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孀婦岩 そうふがん

百科事典マイペディアの解説

孀婦岩【そうふがん】

別名ロッツ・ワイフ。伊豆諸島鳥島の南方約75kmにある無人の黒色尖岩(せんがん)。小笠原諸島復帰までは,南方諸島中日本の行政権内の最南地であった。東京都八丈支庁に属し,活火山でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

孀婦岩(そうふいわ)

東京都伊豆諸島最南端に位置する無人島鳥島の南方約75kmに位置する。海鳥の営巣地で、「やもめ岩」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

孀婦岩の関連キーワード日本の活火山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android