コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの播種性血管内凝固症候群 こどものはしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん Disseminated Intravascular Coagulation Syndrome(DIC)

1件 の用語解説(子どもの播種性血管内凝固症候群の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものはしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん【子どもの播種性血管内凝固症候群 Disseminated Intravascular Coagulation Syndrome(DIC)】

[どんな病気か]
 病気の本態、発症機序、症状、治療法などは成人の場合(「播種性血管内凝固症候群(DIC)」)と大差ありません。
 原因となる病気のなかで子どもに多いのは、敗血症(はいけつしょう)、新生児仮死(かし)、急性前骨髄性白血病(きゅうせいぜんこつずいせいはっけつびょう)、急性リンパ性白血病急性骨髄性白血病です。
 新生児は、呼吸窮迫症候群(こきゅうきゅうはくしょうこうぐん)、新生児皮膚硬化症(ひふこうかしょう)、壊死性腸炎(えしせいちょうえん)、多血症(たけつしょう)、胎児赤芽球症(たいじせきがきゅうしょう)、低体温、先天性プロテイン欠乏症ホモ接合体)なども原因になります。新生児期は凝固制御因子が低値で、網内(もうない)系の低下がみられ、血栓(けっせん)(血液のかたまり)ができやすいので、容易に播種性血管内凝固症候群がおこりやすいと考えられています。
 治療は成人と同様、もとの病気の治療が第一で、並行してヘパリンの点滴、血漿(けっしょう)の補充療法などを行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの播種性血管内凝固症候群の関連キーワード病理解剖合併症仮病作り病同病何心地発症病勢病夫不死身

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone