新生児仮死(読み)しんせいじかし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新生児仮死
しんせいじかし
asphyxia of the newborn

出生に際して児(新生児・胎児の両者を含む)の呼吸循環系の確立が順調に行われない状態を意味し、次の2種に分けられる。青色(せいしょく)仮死(仮死1度)は呼吸系の確立が遅れた状態で、全身にチアノーゼが認められる。白色(はくしょく)仮死(仮死2度)はさらに循環系の確立も遅れて全身が蒼白(そうはく)となる、より重症な状態である。
 出生を境として児は、子宮内での母体に頼る胎盤呼吸から自立した肺呼吸に変わるばかりでなく、循環や代謝においても子宮内環境から子宮外環境への種々の急激な適応を行わなければならない。したがって、出生はすべての児にとって人生でもっとも死の危険にさらされるときといって過言ではない。仮死に伴う無酸素脳症や頭蓋(とうがい)内出血が脳性小児麻痺(まひ)のもっとも大きな原因の一つであり、すべての児に胎児監視装置などによって仮死なく出生するように努力が払われる時代となった。[仁志田博司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新生児仮死の言及

【仮死】より

…水におぼれた場合や寒さにさらされた場合,あるいは感電の場合などにおこる。分娩の過程で呼吸障害がおこり,新生児がこの状態で生まれてくる場合を新生児仮死という。いずれにせよ,生命に危険がさし迫った状態であり,ただちに人工呼吸や心臓マッサージ,その他の救急処置を行わないと死に至ることが多い。…

※「新生児仮死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android