コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮内避妊器具 しきゅうないひにんきぐintrauterine contraceptive device; IUD

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮内避妊器具
しきゅうないひにんきぐ
intrauterine contraceptive device; IUD

ポリエチレン,ビニールなどでつくった小さな器具を子宮内に入れて,受精卵の子宮内膜への着床を防ぐもの。 1930年代にドイツの E.グレーフェンベルク,日本の太田典禮によって開発されたものは,輪状なのでリングと呼ばれていた。 60年代以降は,アメリカを中心にさまざまな形状の器具が考案され,使用されている。経口避妊薬のように毎日服用する必要がなく,全身的影響も少いが,避妊効果がやや劣るほか,ときとして不正出血,過多月経,下腹痛などが起る。最近,銅や黄体ホルモンを付加して避妊効果を増強させたものが用いられ,副作用も少いので注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の子宮内避妊器具の言及

【IUD】より

…子宮内避妊器具で,intrauterine contraceptive deviceの略。子宮の中に入れて,受精卵の着床を妨げ妊娠を防ぐ避妊器具。…

※「子宮内避妊器具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子宮内避妊器具の関連キーワード子宮内リングポリエチレン受胎調節避妊法IUD

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android