コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮肉腫 しきゅうにくしゅ

1件 の用語解説(子宮肉腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうにくしゅ【子宮肉腫】

 子宮の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の一種です。子宮がんは、子宮内膜腺上皮(しきゅうないまくせんじょうひ)、子宮頸部扁平上皮(けいぶへんぺいじょうひ)などの上皮成分から発生する悪性腫瘍ですが、子宮肉腫は子宮の非上皮部分から発生する悪性腫瘍で、とくに子宮平滑筋(へいかつきん)から生じたものを子宮平滑筋肉腫(しきゅうへいかつきんにくしゅ)と呼びます。
 がんに比べて非常にまれな病気ですが、診断がむずかしく、子宮筋腫(「子宮筋腫」)と診断されて、手術時に発見されることもあります。
 40歳から60歳の人によく発病し、発育がとても速いうえ、血行性に(血液の流れによってがん細胞が運ばれて)肝臓や肺にも転移(てんい)をおこしやすく、予後不良の腫瘍です。
 治療は手術療法がおもで、子宮全摘出術(ぜんてきしゅつじゅつ)を行ないます。抗がん剤放射線療法はあまり効果がありません。
 最近は、CTスキャン、MRI(磁気共鳴画像装置)などの画像診断、あるいは子宮腔内(しきゅうくうない)の細胞検査などで、子宮肉腫の診断がつくこともありますが、いまだに、婦人科の腫瘍のなかではもっとも診断のむずかしい病気です。
 子宮肉腫は、子宮筋腫と同様に子宮が増大しますが、筋腫よりはやややわらかく、その増大速度が筋腫に比べて速いことが特徴です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子宮肉腫の関連キーワード悪性黒色腫悪性腫瘍骨腫瘍子宮筋腫腫瘍良性腫瘍精神腫瘍学悪性新生物アドリアマイシンミエロパシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone